きらきらひかる

推しのいる世界に感謝

わたしのかんがえたさいきょうのJかばー(ソロ編)


タイトル通りです。


今回のツアーの応援合戦コーナーでは前半では3曲、後半では2曲のじゃにーず曲をカバーしてくださっています。



ひかえめにいって最高でした。


私事ですが、ぶいしっくすファンとしては愛なんだを選曲していただいたことがとても嬉しかったです。よいものを見せてもらったな~と心の底から思いました。


本当にありがとうございました


というわけで今回は、カバーしていただいたらわたしがしぬ、私的じゃにソングについて書こうと思います。ソロ曲、ユニット曲、グループ曲と分けて書いていきます。
1つの記事にしようと思ったのですが、ソロ曲の時点でとてつもなくとてつもなく長くなったので…!


あくまでも個人の主観による見解ですので、ご容赦ください。


【わたしのかんがえたさいきょうのJカバー(ソロ編)】

《にーちゃんさん》
あきれるくらい僕らは願おう(TOKIO)
ソロ曲と言っておきながら初っ端からこれです。(歌唱がひとりなのでソロに…)
あに様には絶対にTOKIOの曲はよく似合うと思います!!!!!特に、しっとりしたながせくんの伸びやかな高音が映えるバラード曲は、あにの声で聴いてみたいなと思わずにはいられません。
この曲は、雨傘と両A面シングルに発売されたものです。ピアノメインのイントロから静かに歌い出すAメロの歌詞は「信じること恐れたり誰かのため嘘をついたり…」。号泣必至です。
またサビの「あきれるくらい僕らは願い…」の「くらい」「願い」の高音では、あにさまの心地良く響く高い歌声が輝くと思います。

Cadence(TOKIO)
またしてもTOKIOです。こちらの曲はアルバム曲なのですが、その昔某番組内でたいちくんのキーボードとながせくんのギターでのアレンジverが披露されまして、そのアレンジがとてつもなくおしゃれで切なくて素敵だったので、いつかそういうのも見てみたいなぁと思わずにはいられません。サビの伸びやかさがとても良いです。


《ふぉーげるさん》
Candy(V6森田剛)
とりあえずこの曲聴いてください!!!!
CHARAさん作詞作曲のこの曲は、もうCHARA節全開!といった感じで、その雰囲気とごうくんのキャラメルボイスとも評される甘くかすれた声が絶妙にマッチしていて最高の1曲で、ふぉーげるさんの声にもめちゃくちゃ合うと思います。また、個人的にですが、特に最近はふぉーげるさんのダンスにごうくんみを感じているのでもう最高です。余談ですが、この曲をごうくんがライブで披露した際、ファンとの掛け合いパートについて「好きな人を思い浮かべながら歌ってください」とのごうくんの言葉にすかさずファンが「(好きな人は)ごうくん!」と声をあげると、恥ずかしそうに笑いながら「僕もみんなのために歌います」と返すという一幕があったのですが、そういうところももうなんかふぉーげるさんじゃないかなって()

rouge(Sexy Zone菊池風磨)
ふうまさんの男の色気爆発ソングです。
そしてそれはもうそういうことです。ふぉーげるさんはそういうことです。わたしはふぉーげるさんかっこいいしぬ勢なので、こういう色気たっぷり男らしさたっぷりの曲でしにたいなぁと思います。また某番組で披露された際の椅子を使ったダンスがとても素敵で、椅子使いには定評のある(?)ふぉーげるさんにぜひキメてほしいなぁとも思います。


《とみたけさん》
愛なんて(NEWS手越祐也)
圧倒的に華やかなてごしさんの歌声でしっとり聴く重めのラブソングです。こういう切なくて悲しくてとにかく重いラブソングはとみたけさんによく似合うと思います。てごしさんも割と曲に入り込み系だと思うのですが、この曲は入り込んでこそなんぼという雰囲気なので、もうとみたけさんに思いっきり演じまくってほしいです。泣きます。

care(KAT-TUN赤西仁)
わたしはこの曲でじゃにーずに落ちました。なので、その大好きな曲を大好きな人に歌ってほしい、まごうことなき私利私欲です。
今の若い子たちにこの方は伝わるのでしょうか。作詞はご本人様なのですが、とてもストレートな応援の歌詞で、世間のイメージとのギャップがあるような気がします() そういうところも大好きです。
「きっとそこには泣いた分の笑顔が待ってる」というフレーズがなんかもうとみたけさんに歌われたらいとおしさと切なさと尊さで涙がとまらなくなると思います。(重い)


《あおいさん》
悲しいほどにア・イ・ド・ル~ガラスの靴~(V6三宅健)
けんくんは、御年38歳!でありながら永遠の17歳とも言われるビジュアルをキープし、また、なぜそこまで?と尋ねたくなるほどファンのニーズを理解しそれに応えたりあえて応えてくれなかったりする、アイドルになるために生まれてきたアイドルofアイドルともいうべき存在なのですが、そのけんくんが、アイドルという存在として生きる悲哀や葛藤を歌った1曲です。すべてのアイドルファンが聴くべきだとおもいます() あおいさんを見ていると、アイドルになるために、世に出るために生まれてきたんだなぁと思う瞬間ばかりで、だからこそこの曲が似合うのではないかな、と思います。タイトルからもわかる通りシンデレラがモチーフとなっているのですが、魔法がかかっているのはアイドルの自分なのか、アイドルではない自分なのか、曖昧なままの歌詞が考えさせられます。

《二番煎じさん》
まもりたい(関ジャニ∞大倉忠義)
とてもストレートなラブソングです。これくらいドストレートで恥ずかしくなるくらいまっすぐな詞はもうにばんさんしか!ってなります。なります!!!ゆったりとしたメロディーに乗せて「まもりたい」????しにます。すぐにしにます。

僕の恋愛事情と台所事情(TOKIO)
こちらも男らしいラブソングです。城島リーダー作詞作曲です。メールでやりとりをしているような歌詞がとてもイメージを掻き立てます。スタンドマイク一本で、ラスサビのキメのところでだけカメラにウインクしてくれたらしぬしかないです。「さぁ週末はどこへ行こう 君の好きなとこでいいから」ってとてもにばんさんっぽいなぁと思うしなんかもうりあこいわくだなぁとなります。(小並感)

《白服さん》
生涯なにがあっても愛する人へ(嵐二宮和也)
虹もわかります。秘密もわかります。ぎみっくげーむもわかります。にのの曲をしろふくさんに歌ってほしいのしぬほどしぬほどわかります。わかりすぎて妄想しまくったのですが、こちらはいかがでしょうか。若かりしにのの、恥ずかしくなるくらい熱いラブソングです。熱いのに重くてちょっと後ろ向きなところもとても良きだと思います。

《気まぐれプリンスさん》
わたし鏡(関ジャニ∞安田章大)
遠距離恋愛中のおんなのこ視点から描かれたこの曲は最初から最後までかわいさに満ちているのですが、まっすぐ芯の通ったかっこよさも感じられて、それがとてもぷんちゃんに合いそうだなぁと思います。最後のワンフレーズで頭が爆発する自分が見えます。

《ノックソさん》
ユメニアイニ(V6岡田准一)
いまや軍人か武将かといったおかださんですが、ほんの10年ほど前は天使のように美しく、そんなおかださんが柔らかく歌い上げる1曲です。しらない方はとりあえず歌詞だけでも調べて読んでみていただきたいです。幸せいっぱいなのになぜかちょっとさみしい感じがぴったりだと思ってしまう辺りもう罪だなぁとなります。


そろそろ怒られそうなのでこの辺で終わりにします!!最後まで読んでくださりありがとうございました!!